母乳育児中はコーヒーを控えます

コーヒーを毎朝飲んでいたのですが、現在は母乳育児中なので、コーヒーを控えています。

●参考にしたサイト ⇒ 母乳育児は食事で改善

母乳育児のときは、野菜のスムージーとか、体にいいものをとるようにしています。

育休は息子が一歳になるまで、4月3日から職場復帰することになってます。
復帰するに当たって、保育所探し!

夏の間に保育所の見学に行き、秋に申し込み。

先月、無事に第一希望の保育所に入園が決まりました☆
通知が来て…

○○保育所に決定しました。

2月13日に説明会がありますので、△△保育所に児童とお越し下さい。と…
『○○保育所に行くのに、説明会は△△保育所なん?』と変に思いながら…

市の全部の保育所の説明会が△△保育所であるのかな?と思うことに…
パパにも着いてきて貰うことにしてたら…

一昨日、○○保育所から電話。

「先日、説明会があったんですが何故お越しにならなかったんですか?もう入園されないんですか?」

と少し怒ってる園長先生…
どう言うこと?………と、話をしていると。

市役所が間違えて通知を入れたことが発覚。
園長先生は謝ってくれ、ちゃんと入園に必要な説明を行ってくれることに。

あとから市役所からも謝罪の電話合ったんですが………

しっかりしてよ!って思ってしまう感じの謝り方でした。
○○保育所の説明会には木曜日に行ってきたんですが

何か…『私、お母さんなんやな。』って実感。

たくさんある書類。記入することがいっぱい!

あと用意するものがたくさんあるから3月までに用意せな。
「○○○くんは9ヶ月ですが、離乳食進んでますか?」と聞かれ、

正直に進んでない旨を伝えたら「無理に進めることはしなくても良いですから。」と。

その子その子にあった食事を提供してくれる見たい☆
たた、マグでミルクを飲む練習はさせておかないと!

母乳のませに保育所まで行けんし。

これまで母乳育児でやってきたので、ここは早く卒乳させないといけないです。

マグで飲む練習はしてるけど…ミルクは口に合わないようで吐き出すし、オモチャにするし。

母乳育児からの離乳食…ストレス貯まる!!!

コーヒー豆の種類ごとの特徴とは?

コーヒー専門店に行くと、コーヒーの種類が多すぎて、どう選んだらよいか戸惑いますね。

コーヒーと一言にいっても、味も香りも産地や豆によってそれぞれです。
コーヒーを大きく分けると、二つの特徴に分けられます。

苦味が強い味か、酸味が強い味かの二つに大別できるので、どちらが好みに合うか分っていると選びやすいです。

コーヒー専門店では、味見させてもらえるお店も増えているので、自分に合ったコーヒー選びをしてみるのも良いと思います。
京都の錦市場のすぐ近くのコーヒー豆専門店で、いろいろ試飲させてもらいました。

前を通っただけなのですが、こんな所にもコーヒー屋さんがあったのね、とふと覗いて見たのです。

小さなお店だったのですが、こだわって仕入れしている感じでした。
とても感じの良い店員さんで、私の好みに合わせて試飲をサッと淹れてくれました。

偶然、見つけたお店だったので買うつもりはなかったのですが、美味しかったので一袋買って帰りました。
私は、モカブレンドという少し酸味があって苦味も程よいバランスのコーヒーが好みです。

両親もコーヒー好きで、中学生くらいの頃から一緒に家庭で飲んでいた味がモカブレンドだったので馴染みがある味だからかもしれません。

コーヒー豆 挽き方 手動によるコツとは!

コーヒーを飲む時に、我が家ではコーヒー豆をその度に挽いて淹れています。

挽いた豆を買って来るよりも、家で挽いて挽き立てで入れた方が香りが良いので、そうしています。

挽いた豆は、買った時は袋を真空にしてくれますが、いったん空けると家庭では真空に出来ませんし、出来るだけ早く飲みきっても、やはり、最後の方は香りと味が落ちてしまいます。
家でコーヒー豆を挽く時に、今は手動のミルを使っています。

ちょっとアンティーク調なデザインの可愛いミルです。

ミルの椀の中にコーヒー豆を入れて、ハンドルを回すと、ご~り、ごぉ~り・・・と豆が挽けていって、香りが立ちこめ、嬉しくなります。

挽けた豆は引き出しに溜まるようになっていて、挽けた豆をコーヒーメーカーで淹れています。
前までは電動のミルを使っていました。

電動のミルは早いのですが、音がビックリするほど凄い音が鳴るのが難点なのと、あと、挽いた細かい細かい豆のカスがキレイに掃除しにくいので、使わなくなりました。

また、コーヒーメーカー自体にミルが付いているタイプも使った事があるのですが、ミルの刃だけが先に痛んでしまい、使えなくなってしまいました。

コーヒーは淹れられるのですが、豆が硬いので毎日ミルで挽いていると刃こぼれしてしまい、先にミルの機能が使えなくなりました。
手でご~り、ごぉ~りとコーヒー豆を挽くと、なんか落ち着きます。

オススメですよ、ご~り、ごぉ~り・・・。

妊娠中には、スタバでデカフェのコーヒーがおすすめ

妊娠してノンカフェインで飲めるコーヒー探してましたら、ありました!

スタバのメニューには載っていませんが、

「デカフェで!(もしくはノンカフェインで)」

と注文できますよ。
ただし豆の製法から違うので、豆から挽くので出てくるのに10分以上かかる、と言われました。

(混んでいればもっと時間かかります。)

値段はそんなに変わらなかったような。

カフェインを気にする方、時間に余裕のある方はお試ししてみては?

コーヒーと紅茶

普段はコーヒーばかり飲んでいますが

コーヒー豆があれば挽いて入れます。
一応サイフォンですが

好きなコーヒーはキリマンジャロとブルーマウンテン

まだ飲んだことないコーヒーが多いので模索中。

 

コーヒーも挽き具合、煎り具合で変わってしまいますが

紅茶も奥が深いようです。
元々あまり飲んでいなかった紅茶ですが、今まではレモンティーなんかが好きでした。

色々調べてるとレモンは風味を変えてしまう 確かに!
紅茶・・・聞いたことのある紅茶と言うと

あまり知らないのですが(^^;

アールグレイとかダージリン?
で、ダージリンに的を絞って(笑)

まぁ後で知ったのですがダージリンという紅茶

世界3大紅茶の1つ

そのダージリンは紅茶のシャンパンと呼ばれるそうです。
それで紅茶の入れ方がまた深い

まずは電機ポットのお湯はNG

水道水でヤカンで沸かす

しかも沸騰させすぎも良くないとか・・・そうなのか?
蒸らす時間でも色と風味が変わる?

これは好みだそうで
ダージリンはストレートでも飲みやすくていい香りがします。

渋みがほとんどない感じでした。
さて紅茶飲もうかな!

やっぱりコーヒーにしようかな。

 

スターバックス コーヒー

通勤前の時間があったときや、待ち合わせ時間までの時間潰しに時々スターバックスコーヒーに立ち寄ったりします。

いつも表通りから見ると、いろんな客層の方が本を読んでいたり、スーツ姿の会社員の方がPCを触っていたり、外国の方も良く座っておられるのを見かけます。

茶を基調としたお洒落な雰囲気のお店で、コーヒーを飲みながら時間を気にせずゆっくりできるので、時間のある時は立ち寄って何も考えずお店でゆっくりコーヒーを飲みながら本を読んで過ごす時間が好きです。

いろんなコーヒーの種類があり、時期になるとその期間に発売される飲み物もあります。

夏になると飲み物の上にクリームやカラースプレーがのったパフェ風の飲み物が美味しそうでいつも惹かれます。

でも私はたくさんある中でも迷いながら、ミルクが多めの甘みのあるコーヒーが好きなので、いつもカフェモカを注文します。

家ではあまりコーヒーは飲むことがほとんどないので、外へ出かけたときに美味しいコーヒーを飲むのが楽しみで立ち寄ります。

いつも飲み物だけの注文なので、今度行ったときはサイドメニューを頼んでみようと思います。

スターバックスでゆっくり楽しむ時間が私にとっての癒しであり憩いの場所です。

コーヒー メーカー

母はコーヒーメーカーが好きなようで、各社から新しいものが出る度に注目しています。

家でも昔からコーヒーメーカーを使っており、今では何代目かよく分からないほどになっています。以前家にあったコーヒーメーカーたちは、抽出されたコーヒーのたまるポットがガラスでできており、何度も不注意で割れてしまいました。
その結果がうちでのコーヒーメーカーの入れ替わりの激しさに結びついていたのです。
現在はその教訓から、やっと落としても割れないコーヒーメーカーへと代替わりしています。
しかし、また代替わりが迫っているように感じられます。
最近のコーヒーメーカーは専用のカプセルを1杯1杯取り替えて抽出するものが出てきており、母がそれに大変興味を示しているからです。
私は普段からコーヒーを飲まないのでコーヒーメーカーが何であってもさほど気にはならないのですが、やはり飲む側にとっては大事なことのようです。
そんなに古いものではないものを買い換えるのはやはりコーヒーに気を遣わない私からしたらもったいない気持ちにさせられます。
しかし、母から話を聞くと、専用のカプセルにはブラックだけでなく、お店でのめるような甘い味のものもあるとの事で、私もちょっぴり気になってしまいました。家電メーカー、コーヒー会社の販売戦略は消費者の気をしっかりとひきつけるようにできているのですね。

どくだみ茶 カフェインなし

私は、コーヒー以外には、どくだみ茶も飲みます。

毎朝はコーヒーを飲みますが、昼ごはんのときは和食が多いので、そのときは、冷蔵庫で冷やしておいた、どくだみ茶を飲んでいます。

国産100%どくだみ茶は、ノンカフェインなので、コーヒーのカフェインで疲れた胃を癒してくれます。 どくだみ茶でも外国産や国産などいろいろあるようですが、国産のどくだみ茶が安心して体に取り込めます。効能や効果もあるので、一石二鳥ですね。

そのどくだみを使った化粧品が出ています。どくだみ茶は健康茶としてよく知られていますね。どくだみ茶の効果成分があるので、化粧品の中に、茶葉を練りこんであるものもあるようです。

化粧水の種類も数え切れないほどの種類があって、その中から選ぶのも大変ですよね。自分の肌に合ったものが見つかるまでは、色んなメーカーからのを試したりします。化粧水一つでも、成分が全然違っていて、何に良いかを見極めるのが難しかったりします。

ラベルだったり、ボトルがかわいかったりすると思わず欲しくなったりするのも女子ならではかもしれませんね。

春になると春らいい色のチークを使ったCMがよく流れているのをみると、かわいいなと思って思わず買ったりしてしまいます。季節によってメイクの仕方も流行りも違ってくるので、気をつけながらメイクを楽しみたいと思いますね。いつまでも同じようなメイクの仕方だと、年齢がバレ易いですね。

テレビでも今と20年前を比べた内容のものをみていると、バブルの頃のメイクや髪型を見て、こんな時代もあったと私は思うけれど、子どもが見ると、本当にこんな髪型が流行っていたのかと、不思議に思うみたいです。自分だったらやりたくない。というくらいひいて見ています。

その時は、みんながやっていたから恥ずかしいとも思わないし、それが、流行に乗っていたと思っていましたからね。今の流行りも、あと10年もしたらまた変わっているんでしょうね。

 

ウィンナー コーヒー とは?

コーヒー屋に行くと、カフェオレだったり、カフェモカだったり、カフェラテだったりとさまざなま名前の飲み物がありますよね。

最近になってようやく区別がつけられるようになったのですが、これらと同じように、最近になるまでウインナコーヒーというものがどのような飲み物なのかがわかりませんでした。
 
ウインナーが入っているのか、またウインナーという品種のコーヒー豆なのか、などと色々と思いをめぐらせたものです。(^^;
 
コーヒー屋では見かけて疑問になるものの、店を出るとその存在自体を忘れてしまって分からずじまいになっていたウインナーコーヒーですが、ふとしたきっかけからその正体を知りました。
家でお菓子作りをしていた姉が、泡立てて余った生クリームをコーヒーに入れて飲んでいたのですが、そのときにウインナーコーヒーという言葉を口にしたのです。
 
すかさずウインナーコーヒーについて聞いてみたところ、ホイップクリームを入れたコーヒーをウインナーコーヒーと呼ぶとの事でした。なぜウインナーなのかという新たな疑問も生まれましたが、とりあえず長年の疑問が解決してすっきりしました。
 
これからはコーヒー屋に行ってももやもやしたきもちにならなくてすみそうです。疑問はふとした瞬間に解決するものなのですね。

コーヒー 豆

コーヒーを淹れるときにはひいた豆を使いますが、コーヒーをひくときや淹れるときにはとても香ばしい香りが漂ってきます。

コーヒーが並べられているコーナーに豆をひく機械が設置されており、客が自由に豆をひけるようにしてあるスーパーなどがありますが、母がコーヒーを買うとき、豆をひくときはわくわくした気持ちになったものでした。
豆が原料のものはいろいろあります。
チョコレートはカカオ豆、黄な粉は大豆が原料ですが、どれもおなじように豆からできたものにも関わらず全く違う味がしますね。
豆は栄養価が高いと聞きますが、チョコレートや黄な粉も栄養価が高い食品です。
しかしコーヒーと栄養価はあまり結び付けて考えにくいような気がします。
コーヒーといったらカフェインのイメージぐらいで、コーヒーが健康によいといったことはほとんど聞かない気がします。
私たちが普段から食べている豆は色々な種類がありますが、あまりおいしくないと感じるものもあり、調理法もそれぞれことなっていて好みが様々だと思います。
カカオ豆を焙煎したコーヒーや、コーヒー豆をチョコレートのように加工したりするとどのような味になるのでしょうか。
コーヒー豆の形をしたコーヒー味のチョコレートなどもありますが、そううまくはおいしい食べ物はできあがらないかもしれませんね。