コーヒー中毒 カフェインのせい?

行く先々でコーヒー屋が目に入ります。
家でも、家族は毎日のように朝にコーヒーを飲んでいます。
そんな中、私はコーヒーが苦手で、ブラックのものを飲む事ができません。
コーヒーの苦さが苦手なのですが、だからといって砂糖を入れて甘くするのも好きではない、といった和わがままな舌なのです。
ミルクを混ぜてカフェオレにすると飲めるのですが、それでもカップ一杯を飲むだけで、苦さで頭がくらっとすることがあります。
いつも思うのは、なぜカフェの中でも、主にコーヒーを取り扱うお店がおおいのか、ということです。
コーヒーを飲む方は、ほとんどが習慣化しており、毎日のようにコーヒーを飲んでいます。
コーヒーには軽いながらも中毒性があるようで、コーヒーを飲むことが習慣化すると、ふと飲まない日ができたりしたときには頭痛がしたりすることもあるようです。
この中毒性は、コーヒーに含まれているカフェインという成分にあるようです。
カフェインは神経を麻痺させる働きがあって、神経の興奮を持続させます。
この効果のおかげで、眠いときにコーヒーを飲むと頭がすっきりしたりする効果がきたいできるようなのですが、飲みすぎて中毒になるのもよくないですよね。
仕事や勉強をはかどらせるためには良いかもしれませんが、あまりに頼りすぎるのもさけたいところです。

コメダ珈琲

最近気になっているカフェがあります。
コメダコーヒーを知っていますでしょうか?
行った事はまだないのですが、友人・知人からよくコメダコーヒーにいったというような話を聞きます。
コメダコーヒーは、簡単に説明すると、名古屋に本店のあるコーヒーチェーン店です。
ところで、よく行くという友人に何がそんなにおすすめなのかと聞くと、二つの答えが返ってきました。
まず、モーニングが安いということでした。モーニングの時間帯はコーヒー一杯頼むだけで、トーストやゆで卵までもがついてくるそうです。
名古屋のカフェはモーニングのサービスがすごい、ということは有名ですよね。
その習慣を県外のチェーン店舗にまでもっていくというのは客側としてはすごくお得感がありますよね。
また、コメダコーヒーは勉強がしやすいとのことでした。
聞いた話でしかないので確かではないですが、勉強をしていても店側からしたら何の問題もないとの事。
迷惑はかかってしまうような気がしないではないですけど、それだけ居心地がよい空間ということなのでしょうか。
勉強するかどうかは置いておくこととして、おすすめする人の多いコメダコーヒーには機会があればぜひ行ってみたいと思います。