コーヒー豆の種類ごとの特徴とは?

コーヒー専門店に行くと、コーヒーの種類が多すぎて、どう選んだらよいか戸惑いますね。

コーヒーと一言にいっても、味も香りも産地や豆によってそれぞれです。
コーヒーを大きく分けると、二つの特徴に分けられます。

苦味が強い味か、酸味が強い味かの二つに大別できるので、どちらが好みに合うか分っていると選びやすいです。

コーヒー専門店では、味見させてもらえるお店も増えているので、自分に合ったコーヒー選びをしてみるのも良いと思います。
京都の錦市場のすぐ近くのコーヒー豆専門店で、いろいろ試飲させてもらいました。

前を通っただけなのですが、こんな所にもコーヒー屋さんがあったのね、とふと覗いて見たのです。

小さなお店だったのですが、こだわって仕入れしている感じでした。
とても感じの良い店員さんで、私の好みに合わせて試飲をサッと淹れてくれました。

偶然、見つけたお店だったので買うつもりはなかったのですが、美味しかったので一袋買って帰りました。
私は、モカブレンドという少し酸味があって苦味も程よいバランスのコーヒーが好みです。

両親もコーヒー好きで、中学生くらいの頃から一緒に家庭で飲んでいた味がモカブレンドだったので馴染みがある味だからかもしれません。

コーヒー豆 挽き方 手動によるコツとは!

コーヒーを飲む時に、我が家ではコーヒー豆をその度に挽いて淹れています。

挽いた豆を買って来るよりも、家で挽いて挽き立てで入れた方が香りが良いので、そうしています。

挽いた豆は、買った時は袋を真空にしてくれますが、いったん空けると家庭では真空に出来ませんし、出来るだけ早く飲みきっても、やはり、最後の方は香りと味が落ちてしまいます。
家でコーヒー豆を挽く時に、今は手動のミルを使っています。

ちょっとアンティーク調なデザインの可愛いミルです。

ミルの椀の中にコーヒー豆を入れて、ハンドルを回すと、ご~り、ごぉ~り・・・と豆が挽けていって、香りが立ちこめ、嬉しくなります。

挽けた豆は引き出しに溜まるようになっていて、挽けた豆をコーヒーメーカーで淹れています。
前までは電動のミルを使っていました。

電動のミルは早いのですが、音がビックリするほど凄い音が鳴るのが難点なのと、あと、挽いた細かい細かい豆のカスがキレイに掃除しにくいので、使わなくなりました。

また、コーヒーメーカー自体にミルが付いているタイプも使った事があるのですが、ミルの刃だけが先に痛んでしまい、使えなくなってしまいました。

コーヒーは淹れられるのですが、豆が硬いので毎日ミルで挽いていると刃こぼれしてしまい、先にミルの機能が使えなくなりました。
手でご~り、ごぉ~りとコーヒー豆を挽くと、なんか落ち着きます。

オススメですよ、ご~り、ごぉ~り・・・。